2008年12月01日

ランニング

joging.jpg
 アディダスのランニングシューズ「アディスーパーノバ・コントロール」を買って、次の日さっそくコナミスポーツにいくぞ!と思ったら、第1月曜日は休館日でしたorz

 ランニングシューズを履きたくてうずうずしていたので、近くのランニングコースがある公園に行っちゃいました。ここのランニングコースはクッションのあるゴムが敷き詰めてあるので、室内履き用として買ったシューズがそれほど汚れることはありません。使ったあと、ソールをしっかり拭いておきました。

 一周970mという、中途半端なランニングコースです。もう少しがんばって1kmにできなかったのだろうか?

 5分間ウォーキング、5分間ランニングを3セット、合計30分という、Tarzanに載っていた初心者のメニューをやってみます。

 新しいランニングシューズを履いた最初の感想は軽いことです。これはアディダスのショップでも実感していましたが、普段はいているスニーカーや今まで使っていたナイキショックスのトレーニングシューズと比較すると大きな差があります。

 そしてクッションがフカフカしています。5分間ウォーキングしたあと、いよいよ走り始めました。

 しかし、これでも足が痛い!!膝下というか、すねのあたりがチクチク痛い感じでした。いくらクッションのいいシューズでも、筋肉なさ過ぎの足だと痛くなるみたいです。っていうか、硬くて重たいシューズならもっと足を痛めることでしょう。

 5分間走り終わり、再びウォーキング。トレッドミルは地面が勝手に動きますが、外のランニングは自分で地面を蹴りださないといけないので、負荷が多いそうです。

 そしてまた5分間ランニング。1回目のときより足が暖まって動きやすくなった感じです。ジムと違い、水を携帯していないので喉が渇いてきました。あとで調べてみましたが、ペットボトルが固定できる、ランニング用のウエストポーチがあるんですね。こんな感じです。

 さらに最後の1セット。ウォーキング、ランニングが終了しました。コナミスポーツの室内での運動と比較して、気温が低く乾燥しているせいか、普段より心拍系が苦しかったです。喉がゼーゼーする感じでした。


posted by もっちー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオメトリクス終了後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。